死角のマナー無きドライバー

まだ運転免許を取得して車の運転に慣れる前の頃、他の車とぶつかりそうになったことがあります。

 

親から借りていた軽自動車に乗っていたのですが、ぶつかりそうになった場所は、微妙に道幅が狭い場所でした。

 

運転をしていた時間は日中のよく晴れた日だったので、見通しが悪いということはありませんでした。

 

ぶつかりそうになった時の状況は、こちらが普通のスピードで走っているのに、ぶつかりそうになった相手の方が急いでいたのか、無理やり抜かしてこようとしてきた時です。

 

その時、対向車線からも車が走ってきていたのです。相手がよく前を見ずに抜かそうとしてきたので、ちょうど3台が一斉に並ぶ瞬間がきてしまったのです。

 

3台が並んだ瞬間、こちらのミラーにぶつかるまで後数センチというところまで、追い越そうとした車が接近をしていました。

 

冷や汗をかくような思いでしたが、なんとかぶつからずに事なきを得ました。

 

あの時はよくぶつかって事故にならなかったと、後になって思ってしまうほどの接近の仕方でした。

 

こちらがタラタラと遅いスピードで走っているわけでもないのに、それを無理やり追い越そうとしても、あまり時間短縮に繋がることはないし、事故にも繋がりやすいのでやめてほしいです。

 

あのような荒い運転の追い越しは、こっちも対処の仕様がないので、ぶつからないように気をつけたいですが、追い越ししにくいように走るということぐらいしか、思い浮かびません。

 

これからも事故のないように過ごしていきたいものです。